【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

青木繁(あおきしげる)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

青木繁
1882年 - 1911年
洋画買取

青木繁(あおきしげる)1882年–1911年

洋画

青木繁は明治中期から後期にかけて活躍した、福岡県出身の洋画家です。
明治期のロマン主義的絵画表現を代表する画家であり、若くから日本の美術史に残る秀作を多数生み出しました。しかし、28歳という若さでこの世を去っており、生前に名声を得ることは叶いませんでした。 没後は同じ洋画家であり、終生の親友でもある坂本繁二郎の働きにより、画集の刊行や遺作展の開催が実現。これによって青木繁の名前と功績が知れ渡るようになり、現在の名声を得るに至りました。

青木繁の詳細を見る

短くも激動の生涯を送った夭折の天才画家

青木繁は1882年、福岡県久留米市で、旧久留米藩士・青木廉吾の長男として生まれました。
古いしきたりや習わしに反骨精神を燃やした青木は、厳格な父に反対されつつも芸術の道に進むことを決意。16歳のときに久留米中学名善校を退学し、単身で上京します。

その後、同じく武家出身の洋画家・小山正太郎の画塾「不同舎」に入門。さらには東京美術学校西洋画科選科に入学し、絵画を学びました。 また、その傍らで上野の図書館に通い詰め、数々の書物で読み漁って独自の感性を磨くなど、努力を惜しまなかったといいます。 青木の作品に古代神話を題材にしたものが多く見られるのはその影響で、神話画の中にある理想主義的なオリジナリティーが高く評価されました。代表作「海の幸」が描かれたのもこの時期です。

しかし、それ以降は思ったように評価を得ることができず、苦悩の日々を過ごします。 さらに1907年、父の危篤を知って帰省し、故郷・久留米で画家活動を続けるものの収入はなく、父の負債もあって困窮を極めます。 その後、実家や関東に残してきた恋人、子供のことで悩み続けた青木は自暴自棄に陥り、九州各地を放浪。貧窮と持病の肺結核に苦しみつつも、創作活動を続けました。その中で佳作「月下滞船図」をはじめとする作品を描き上げましたが、1911年、家に戻ることなく福岡の病院で息を引き取りました。

青木繁の代表作

  • 「海の幸」

    古事記を愛読し、神話文学に耽溺していた青木だからこそ描けた、独自のロマン主義・理想主義的画風の頂点といえる作品です。 美術学校を卒業後、旅行先で見た海岸の風景から着想を得たようで、作品内には恋人・福田たねをイメージしたと思われる人物の姿が描かれています。 また、日本洋画史において、最も早く重要文化財に指定されたことでも有名です。

  • 「朝日」

    唐津湾を舞台に描いた作品で、青木繁にとって最後の作品でもあります。 持病と闘いながら描いたとは思えないほどに穏やかな水面、温かく優しい光を放つ朝日が印象的です。
    そのほか、「大穴牟知命」「月下滞船図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。