【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

尾形光琳(おがたこうりん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

尾形光琳
1658年 - 1716年
日本画掛軸買取

尾形光琳(おがたこうりん)1658年–1716年

日本画掛軸

尾形光琳は江戸時代初期から中期にかけて活躍した画家であり、後世に多大な影響を及ぼした日本画壇の“巨人”でもあります。
伝統の「やまと絵」をもとに絢爛豪華な唯一無二の絵画世界を創出し、その画風は「琳派」という一派を生み出すに至ります。 現代日本において、その作品が最も高い価値を持つ画家のひとりです。

尾形光琳の詳細を見る

「琳派」を生み出した日本画の巨人

1658年、尾形光琳は京都に生まれました。
生家は裕福な呉服商で、若年の頃から贅沢な生活を送りつつ絵画や工芸品に耽溺します。 1688年、光琳が30代に突入した頃に父が死去。呉服商は兄が継ぎ、光琳は引き続き放蕩の限りを尽くす生活を続行します。 芸術を愛好して飽きることがなく、楽しい一生を送り続けるかに思われました。

しかし、あまりに派手な生活を送っていたために父の遺産はほどなく底をつき、30代半ばにして生活は困窮。一時期は、陶工・絵師として活躍していた弟の乾山にお金を無心するまでになります。 そんな中、このままでは愛する贅沢な生活を営むことができないと一念発起。絵筆をとり、職業画家としての活動をスタートさせます。 主に京都市中の富豪を顧客として、屏風や扇、うちわなどに絵を描いて生活の糧としました。

そんな光琳の絵画は、若年の頃から古今の優れた作品に囲まれていたこともあり、“金持ちの坊っちゃんの道楽”というレベルをはるかに超えたものでした。 屏風や扇の“枠”を意識し、その中で最も美しく映える構図を瞬時に考案して絵を組み立て、繊細な筆致で完成させていく天才肌の画家として知られています。その功績が認められ、44歳を迎える頃には優れた文化人・宗教人に与えられる「法橋」の称号を得ています。

こうして当代随一の画家となった尾形光琳は、相変わらずの贅沢好みが災いして貧窮生活を送ったりしつつ、江戸に滞在したり、京都に舞い戻ったりといった後半生を送り、晩年を京都で過ごし、1716年にその生涯を閉じました。

尾形光琳の代表作

  • 「燕子花図」

    絢爛たる金色を背景にした屏風絵であり、江戸時代初期を代表する作品のひとつです。
    燕子花(カキツバタ)の花が並ぶという素朴ともいえる構図でありながら、背景の金と花弁の青が鮮やかなコントラストをなし、独特の世界が表現されています。カキツバタの花弁は群青をやわらかく用い、艶のあるふっくらとした風情を描出しています。 現在は国宝に指定されており、東京都の根津美術館に所蔵されています。

  • 「風神雷神図」

    尾形光琳が尊敬してやまなかった江戸時代初期の画家・俵屋宗達の「風神雷神図」を可能な限り細かく詳細に模写し、そのうえで光琳ならではのアレンジを加えた屏風絵です。 屏風の左右の端に、雷をあやつる雷神と風をつかさどる風神が配され、黒雲に乗って躍動している姿が描かれています。宗達の風神・雷神は視線を下に向け、下界を睥睨しているさまを表現していますが、光琳の風神・雷神は互いに睨み合うかのような視線に変更されています。独特の緊張感がみなぎる傑作です。
    その他、「紅白梅図」「松島図」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。