【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

石黒光南(いしぐろこうなん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

石黒光南
1914年 - 当代
銀瓶買取

石黒光南(いしぐろこうなん)1914年-当代

銀瓶

石黒光南は日本を代表する金工家で、主に茶道具や酒器、香炉などを制作。2020年現在は初代・光南の息子が2代目の石黒光南を襲名しています。
光南の作品の特徴は、無数の突起をまとう「霰(あられ)肌」であることです。これは初代・光南が得意とした「霰打ち」と呼ばれる技法を用いたもので、タガネで銀や金を丁寧に叩き出すようにして制作しています。霰打ちを継承している職人はごくわずかであること、一度に制作できる数に限りがあることから、霰打ち技法で作られた作品は希少価値が高く、なかなか市場に出回ることはありません。中でも石黒光南の作品は、トップクラスの希少価値を持っているといわれています。

石黒光南の詳細を見る

霰打ちの名工と呼ばれた石黒光南

石黒光南(初代)は、1914年に富山県の富山市で誕生しました。14歳の頃に著名な金工家・河内光明の門下に加わって鍛金技術を学びました。正式に「光南」を名乗るようになったのは1946年のことで、このとき光南は32歳。作家としてようやく一人前と認められるようになったのです。それから数々の作品を世に送り出し、1980年には通商産業省(現在の経済産業省)に伝統工芸士として認定されます。
そんな石黒光南は、生涯の中で内閣総理大臣賞、東京都知事賞、通商産業大臣賞などを受賞し、名実ともに日本を代表する金工家になりました。
そして2020年現在、2代目(本名・昭雄)が「石黒光南」を受け継いでいます。1942年生まれの2代目・光南は初代に学んだ技術を継承し、茶道具を中心に数々の作品を世に送り出しています。1990年には、国の伝統工芸士に認定されています。また東京都の「技能継承推進者」に認定されているほか、2020年現在に至るまで数々のコンクールで賞を獲得しています。

石黒光南の代表作

  • 霰模様が美しい銀瓶は2代目・石黒光南の代表的な作品となっています。初代同様、すべての工程を一人で行うことで完成された銀瓶は美しく、見る者を魅了します。光南の銀瓶は見た目が美しいだけでなく、堅牢で実用的であることも特徴です。 また金瓶は、純金の華やかさ、緻密な仕上がりによる芸術性の高さなどから、日本のみならず海外の骨董ファンからも高く評価されています。ちなみに現在、市場に出回っている金瓶はほとんど2代目光南が手がけたもので、初代が手がけた金瓶は現存するものが少ないといわれています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたとお問い合わせ時にお伝えください。
※他のキャンペーンと併用不可です。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。