【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

高奇峰(こうきほう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

高奇峰
1889年 - 1933年
中国掛軸買取

高奇峰(こうきほう)1889年–1933年

中国掛軸

高奇峰は広東省出身の画家であり、19世紀の中国画壇を支えた教育家でもあります。
兄・高剣父は“新文人画の第一人者”とされる画家であり、また弟・高剣僧も画家として活躍しました。 同じ広東省出身の画家・陳樹人、そして兄・高剣父と3人で「嶺南画派(嶺南を拠点とする画家たちの派閥)」を立ち上げ、19世紀の中国画壇に大きな影響を与えています。 また、その一方で、兄と審美書館の運営に携わったり、嶺南大学の名誉教授に就任したりと、中国画の普及と発展に尽力しました。

高奇峰の詳細を見る

日本画の技術を取り入れた新たな画風を生み出した早逝の画家

高奇峰は1889年、広東省広州市番禺区に生まれました。
幼い頃から画家である兄・高剣父に絵を学んでいたこともあり、自ずと画家の道を進むようになります。 17歳の頃には東京に足を運び、西洋画を中心に学びます。 さらに、日本画によく見られる写生法、および独特かつ華麗な色使いを身につけました。 故郷・広州に戻ったあとは図画教員として教鞭をとり、後進の育成・指導に励んでいます。

その一方で、兄・高剣父や画家・陳樹人とともに「嶺南画派」を結成。中国画の伝統に新風を吹き込むべく、「中外折衷」「古今融合」をスローガンとして掲げ、模写をメインとする「伝統画派」と対立しました。 そんな中、日本画特有の画法を取り入れた嶺南画派の画風は徐々に世間に浸透していき、中国近代画壇に大きな影響を与えました。 その後、名を轟かせた高奇峰は、高剣父や陳樹人らとともに「嶺南三傑」のひとりに数えられるようになります。

また、晩年には広州市内に美術館を開設して絵画を教えたり、嶺南大学の名誉教授として教鞭をとったりと、後進の育成に尽力しました。 その後も、日本画特有の鮮麗な写生法を取り入れた、独自の画風・スタイルを広めていった高奇峰。 その功績が称えられ、国民政府主催の展覧会「中国藝術天覽会」の中国代表に選ばれるものの、1933年、結核により帰らぬ人となりました。

高奇峰の代表作

  • 「松猿図」

    1917年に発表された作品であり、細い松の枝にぶら下がる猿の絵が描かれています。 全体の構図自体は実にシンプルですが、日本での留学生活で培った高い写生力が伺える作品です。 また、木の枝の明暗、猿の毛並みの色合いなどが絶妙に塗り分けられており、リアリティのある優美なデザインに仕上がっているのもポイントです。
    そのほか、「寒猿戯雪」「画猿」など、自然風景をバックに躍動感あふれる動物を描いた逸品が多く現存しています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。