【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

橋本明治(はしもとめいじ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

橋本明治
1904年 - 1991年
日本画買取

橋本明治(はしもとめいじ)1904年–1991年

日本画

橋本明治は大正・昭和にかけて活躍した日本画家です。
独特の色彩感覚を活かして優れた人物画を数多く生み出し、高い評価を得ました。また日展の審査員や理事を務め、文化勲章を受章するなど、画壇の重鎮として存在感を発揮しています。 そんな橋本明治の作品は、代表作の多くが美術館・博物館に所蔵されており、作品はいずれも高い価値を誇ります。

橋本明治の詳細を見る

独自の色彩感覚で唯一無二の肖像画を描いた画家

1904年、橋本明治は島根県に生まれました。
1931年に東京美術学校を卒業し、学校で学んだ日本画の知識と技術を活かして画家としての活動を本格的に開始しますが、在学中にすでに帝展への出品経験を持っていました。 卒業後は松岡映丘に師事し、腕に磨きをかけていきます。 1937年に新文展(帝展から改称)で特選に選ばれたことで優れた画家として認められ、1940年からは法隆寺金堂壁画の模写をするプロジェクトに参加。10年間にわたって従事しました。

戦後は日展(新文展から改称)で活躍。一時期は画家の団体である創造美術に参加しますが、再び活動の場を日展に戻し、以後はここで活躍します。1952年には、日展審査員を務めました。 1955年に日本芸術院賞を受賞し、3年後の1958年には日展評議員となります。 さらに1960年代末から日展理事、日本芸術院会員、日展常務理事を務め、画壇における重要人物のひとりとなりました。 1974年には、優れた業績をたたえられて文化勲章を受章するに至っています。

橋本明治の代表作

  • 「赤い椅子」

    1951年の作品で、これによって橋本明治は芸術選奨文部大臣賞を受賞しています。 描かれているのは、赤いソファに腰かけている着物姿の女性。モデルになったのは、当時、名妓として知られた老松という女性です。橋本明治自身は、美しい女性がちょっと腰をひねり、扇子を手にしてすましているという造形の美しさを表現することを重視したと語っています。

  • 「六世歌右衛門」

    歌舞伎の女形として活躍した中村歌右衛門をモデルに描いた作品です。 着流しに夏羽織をつけ、縁側に腰かけている艶やかともいえる姿を、独特のやわらかな筆致であらわしています。表現者として傑出した才能を持っていた歌右衛門の、顔かたちから指先に至るまでのこまやかな表情を繊細に写し取った作品です。
    その他、「まり千代像」「春雪」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。