【詐欺サイトに関する注意喚起】弊社を偽ったオークションサイトの存在を確認しております。詳しくはこちらをご確認ください。

お気軽にご相談・ご質問、お問合わせください

0120-961-491

受付時間 9:00~19:00 (年中無休 年末年始除く)

松平不昧(まつだいらふまい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

松平不昧買取
1751年 ‐ 1818年
掛軸買取

松平不昧(まつだいらふまい)1751年‐1818年

掛軸

松平不昧は江戸時代後期の大名であり、人物です。
財政難だった当時の松江藩を救った実績があることから、現在でも多くの人に「不昧公」、「不昧さん」と呼ばれ知られています。 そして茶にも精通していた松平不昧。「不昧流」を確立させ、茶器についてまとめた『古今名物類聚』を出版するなど、茶人としての功績残しました。また、美術、芸術にも教養があった不昧公。財政難から立ち上がった松江藩に陶芸、漆工を広め、多くの芸術家を育てた人物という一面も併せ持ちます。

松平不昧の詳細を見る

松江藩中興の祖とされた松平不昧

1751年、6代藩主・松平(まつだいらむねのぶ)の子として生まれた松平不昧。
本名は松平治郷(まつだいらはるさと)で、「不昧」は1806年以降から使用したものとされています。 17歳という若さで家督を継いだ不昧でしたが、当時の松江藩は没落一歩手前という状態でした。そこで、不昧は当時家老の朝日茂保らと財政改革を行います。 内容は、当時高価だった朝鮮人参や木綿などの栽培、藩札の使用禁止、年貢の引き上げなど。厳しい倹約令を出すなど、中には庶民たちに負担をかけるものもありましたが、人々の協力、努力の甲斐あって松江藩の財政状況は劇的に改善されました。 また、1778年には防砂林事業の整備、1785年には佐陀川の整備を行い松江藩のライフラインを整えた松平不昧。この頃になると、松江藩の金蔵には多くの金が蓄えられるほど財政状況は良くなったといいます。 こうした財政改革が進む一方で、茶器を愛する不昧は高価な茶器をたくさん購入するなど、「浪費家」としての一面も見られるようになりました。そしてこれによりふたたび財政が悪化してしまうのですが、実はこれは幕府から目を付けられないためにわざと行ったという説もあり、「散財は計算だったのではないか?」とする声もあがっています。 これについては諸説ありますが、いずれにしても松江藩の生活を救った不昧は大変人望厚く、不昧が好んだ茶器や菓子は現在でも「不昧公御好み」と呼ばれ親しまれています。

主な作品について

茶人である前に大名であった松平不昧。数々の書を残したとされていますが、現存するものは少なく、大変希少価値が高いといわれています。 著書「古今名物類聚」は全18巻にも及ぶ超大作で、内容は集めた茶器をまとめたもの。「宝物」「大名物」「中興名物」などと分類され出版されました。 ちなみに不昧が収集したものは「雲州名物」と呼ばれており、現在でも多くの骨董収集家たちから注目されています。

出張買取保証・30%UP

※30%UP対象商品:骨董品、美術品、食器
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※キャンペーンの併用は不可です。

買取についてのご相談・ご依頼はコチラ

日晃堂のオペレーターが、お客様のご相談など
丁寧に対応させていただきます。
些細なことでもお気軽にお電話ください。

骨董品・古美術品の相談をする

0120-961-491

受付時間 9:00~19:00 (年中無休※年末年始除く)

はじめての方でも安心して
ご利用いただけます

日晃堂で骨董品・古美術品を売るのはとてもカンタンです

  1. 01

    お問い合わせ

    電話、LINE、メールで
    らくらく
    お申し込み。

  2. 02

    査定

    出張買取は全国どこでも。
    店頭や宅配もお気軽に。

  3. 03

    お支払い

    即!その場で現金お手渡し。
    ※宅配買取は振込

ご都合に合わせて選べる

買取方法

他店で断られた状態不良の
お品物でも
お気軽にお問合せください

独自の販売ルートを確立している日晃堂なら、以下のようなお品物でも、しっかりと査定することが可能です。

ご売却をご検討中の古美術品・骨董品がございましたら、査定は完全無料ですので、お気軽にお問合せください。

  • 欠け

    欠け

  • 汚れ

    汚れ

  • 変形

    変形

  • サビ

    サビ

  • シミ

    シミ

  • 虫食い

    虫食い

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。