清水卯一 水指の買取実績や歴史をご紹介します

清水卯一作水指の買取実績とお客様の声

楽茶碗
出張買取

人間国宝 清水卯一 水指

福岡県久留米市 男性

福岡県久留米市にお住いのお客様から鱗のような貫入が特徴的な人間国宝の清水卯一作、水指をお買取りしました。清水卯一の作品といえばやはりこの青い釉と美しい貫入の入り方が特徴的ですよね。茶道とは全く縁がなく譲り受けてそのままだったとのことですが、劣化は見られるものの欠けなどはなく比較的綺麗な状態で保存されていましたのでその分の価値はしっかりつけさせていただきました。ただ、共箱はないとのことでしたのでその分の価格はどうしても下がってしまいますね。

ご売却頂いたお客様の声

骨董も茶道具も大して興味がなく、友人から引き取った水指というものも持て余した状態で飾っていました。ただ、いいものだとは聞いていたので言われた通り手入れはしていました。そこが直接反映されるとは思っていなかったので想像以上の買取額になって良かったと思います。箱はもらった時から無かったと記憶しているのであればよかったなぁと思わずにはいられませんでした。

清水卯一について
  • 清水卯一の歴史

    京焼陶磁器卸問屋の長男として清水卯一は生まれました。卯一の父が急死した事により、卸問屋である家業を継ぐために商業校に通うものの焼物作りに興味を抱いた卯一は学校を中退し、京都洛北の八瀬の地にあった石黒宗麿に師事しました。幼少の頃から近隣の職人を見てきた卯一でしたが、五条坂での焼物は轆轤職人、窯焚職人と別れていたのに対し、石黒は土の精選から造形、焼成全て一人で行っており、それを見た卯一に大きな影響を与えました。石黒の弟子だった期間は短く、試験場助手などの仕事も務めた後戦後になってから卯一は本格的に陶芸の道を歩み出し現代陶芸展などでは数々の受賞を重ねるまでにいたりました。

  • 清水卯一の特徴

    白釉、灰釉、柚肌、黒釉、青磁など卯一は様々な素材を研究してきました。そんな卯一の作風が後に人間国宝に認定される鉄釉陶へとまとまっていったのが昭和30年代後半の事でした。そして大きな展開を見せたのが五条坂から蓬莱山麓に陶房を移してからの事です。蓬莱の土を用いた青瓷が最初の成果でした。「窯出しした直後は大したことはなかったが、3日ほどおいてみると今まで見たこともない綺麗な貫入が入った」その青瓷は卯一の最大の特徴です。うろこ状の魅力的な氷裂は見事なもので、これを基に青白磁系の温和さが印象的な蓬莱磁を発表するにいたりました。卯一が作る水指にも多く使われている技法で、蓬莱山の鉄分を含んだ土で形成し、その上に長石系の釉をかけたものが多く、土と釉の縮小率によって起こる貫入は溜息が出るほど美しいものばかりです。

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる3つの買取方法

トップへ戻る