【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

山下新太郎(やましたしんたろう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

山下新太郎
1881年 - 1966年
洋画買取

山下新太郎(やましたしんたろう)1881年–1966年

洋画

山下新太郎は、明治から昭和にかけて活躍した洋画家です。
優しく柔らかな筆遣いで、色彩豊かなあたたかみのある作品を多く描きました。 国内はもちろん、画家にとっての聖地・パリでの活動も積極的に行っており、官展「サロン・ド・パリ」に出品した経歴を持ちます。 また、仏画の修復・保存に関する知識、スキルを身に着けており、ギメ東洋美術館(パリ)に所蔵されている屏風絵を修復するなど、その道でも欠かせない存在となりました。 この一件により、フランス政府よりレジオンドヌール勲章を授与されたほか、国内でも文化功労者に選ばれています。

山下新太郎の詳細を見る

仏画や油彩画の修復にも長けた洋画家

山下新太郎は1881年、東京・根岸で表具師(掛け軸や屏風を作る職人)の家に長男として生まれました。
家業柄、幼少の頃より多くの絵画を目にしていた山下は、自然と画家を志すようになります。 そして1901年、洋画家・藤島武二に師事し、木炭画を学び始めました。またこの年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学し、洋画家・黒田清輝にも師事しています。

1904年、成績優秀だった山下は飛び級で東京美術学校を卒業。その翌年に渡仏し、パリを拠点に活動を開始します。この間、黒田の師であるラファエル・コラン、藤島がかつて師事したフェルナン・コルモンなどから絵を学びつつ数々の名作を制作。サロン・ド・パリに出品しました。 また、帰国後はパリでの経験を活かして制作に取り組み、いくつかの賞を受賞します。

そんな中、1931年に再びパリを訪れた山下は、そこでギメ東洋美術館が所蔵する屏風絵の修復を任されます。この功績が高く評価され、翌年、フランスの権威ある勲章・レジオンドヌール勲章を授与されました。 さらにこの一件がきっかけで、帰国後は日本芸術院会員や日展運営会常任理事などを歴任。1955年には文化功労者に選ばれるなど、目覚ましい活躍を見せました。

山下新太郎の代表作

  • 「靴の女」

    1回目の渡仏時に訪ねたポスト印象派の画家、ピエール・オーギュスト・ルノワールの影響が強く現れている作品です。 繊細な筆致、鮮やかな色調で描かれており、“ルノワールの再来”と称賛する声も少なくありません。 また、モデルの生活風景がうかがえる自然な構図で描かれている点、あえて横から見た構図で描いている点なども特徴です。

  • 「窓際」

    こちらも1回目の留学中に制作した作品であり、サロン・ド・パリに出品したものでもあります。 6階の部屋から望む窓外の景色をバックに描き、ブルガリアの女流画家をモデルとした作品です。 本作品を描いた頃はルノワールの影響を受けておらず、固いタッチで描かれていますが、それが逆に日本の墨絵のような独特の雰囲気をかもし出しています。
    そのほか、「読書」「百合子像」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。