【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

祝允明(しゅくいんめい)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

祝允明
1460年 - 1526年
中国掛軸買取

祝允明(しゅくいんめい)1460年–1526年

中国掛軸

祝允名は、明代中期の中国で活躍した書家です。
のちに「枝山」「枝指山」と号しましたが、これは多指症で右手の指が6本あったことに由来しているといわれています。自らの手を木の枝に見立てた号であり、諧謔家であったことが伺えます。 そんな祝允名は遊興を好み、特に酒をこよなく愛しましたが、書のことになると確固たるポリシーを持ってのぞむ人物でもありました。過去の大家たちに学び、各時代の書体を完璧に書きこなす天才肌の書家であり、優れた作品を数多く残しています。その作品は、中国においては故宮博物院などに所蔵されており、高い価値を誇ります。

祝允明の詳細を見る

書と酒を好んだ放蕩の天才書家

1460年、祝允名は現在の中国江蘇省に生まれました。
幼い頃から“神童”というべき並外れた頭脳とセンスを誇る子であり、9歳にして詩作を試みて天才の片鱗を見せたといわれています。 しかし、正統的な学問はやや苦手だったらしく、32歳の頃に科挙の地方試験には受かるものの、進士の試験には合格できず、明王朝の中央官僚になることはできませんでした。

とはいえ、祝允名は「官僚になる」「出世する」といったことにはあまり執着しない人物だったようです。 1514年、54歳のときに現在の広東省興寧市の知事に、さらに翌年には現在の南京市の通判(行政監督官)に任じられますが、このあたりで宮仕えには見切りをつけたらしく、1年後には病と称して隠遁生活に入ります。

以後の祝允名は、悠々自適の日々を送りつつ書の道に没頭し、優れた作品を数多く残しました。 過去の大家たちの書風を絶妙にミックスさせて独自の境地を開き、書の発展に寄与したといわれています。

祝允明の代表作

  • 「和陶飲酒詩」

    40代から60代にかけて、祝允名はこの詩を何度も書にしています。 よほど詩句が気に入ったらしいことが推察されますが、だからといってやみくもに書き飛ばしていたわけではなく、1作ごとに書家としてこだわりを持って取り組んでいます。 66歳の頃に書写された作品は、三国時代に確立したといわれる「鍾繇の楷書」を基調として格調高い筆致で書かれました。

  • 「草書前後赤壁賦巻」

    北宋時代の政治家・書家・詩人の蘇軾による詩『前後赤壁賦』を、書に起こした作品です。 かつて蘇軾は、作成した詩が王朝を批判するものとして流罪に処せられたことがあり、そのさなかに鬱屈した心を反映した詩を数多く書きましたが、これもまたそのひとつです。流された先にあった「赤鼻磯」から三国志に描かれた「赤壁の戦い」を想起した蘇軾は、そのときの心情を散文詩で表現しました。 祝允名はこの詩をたいへん気に入って何度も書の題材に選んでおり、東京国立博物館に所蔵されている「草書前後赤壁賦巻」においても、心のこもった流麗な草書で表現しています。

    その他、「書千字文」「題楊季静小像贊」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。