【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

西村龍介(にしむらりゅうすけ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

西村龍介
1920年 - 2005年
洋画買取

西村龍介(にしむらりゅうすけ)1920年–2005年

洋画

西村龍介は、主に昭和から平成にかけて活躍した洋画家の1人です。
1964年に渡欧し、そこで見た格調高い古城や聖堂に感銘を受けます。この衝撃的な出会いを機に、古城や聖堂をモチーフとした作品を数多く制作しました。その熱中ぶりは、1971年から1982年にかけて毎年渡欧し、絵の腕や感性を磨き続けるほどです。 そんな西村は、古来より伝わる日本画の技法と、西洋画の技法を組み合わせた独自の油彩表現を得意としました。 また、繊細かつ緻密な筆致、被写体の魅力を損なわせない絶妙なバランスの淡い色彩なども、西村の作品の特徴として挙げられます。

西村龍介の詳細を見る

欧州の古城風景に魅せられた洋画家

西村龍介は1920年、山口県小野田市に生まれました。
1936年に画家を志して上京し、1938年に日本美術学校(現・日本藝術大学)日本画科に入学。矢沢弦月、太田聴雨といった日本画家に師事します。 また、その一方で洋画家・林武からデッサンを学ぶなど、意欲的な姿勢を見せました。 その後、戦時中の1941年に同校を卒業した西村は、終戦を迎えたのちに画家活動を再開。初の個展を開催します。 こうして本格的に画家の道を歩み始めた西村は1954年、「河岸」で第39回二科展に初入選を果たします。以後、数々の展覧会に出品し、輝かしい功績を残しました。

そんな中、1964年の渡欧によって大きな転機を迎えます。 そこで目にした気品あふれる佇まいの古城、聖堂などに心を奪われた西村は、これらを終生のテーマとして制作に取り組むようになります。 また、1971年から1982年にかけては毎年渡欧し、古城風景のさらなる研究に勤しみました。 この飽くなき探究心により、和と洋が融合した独特な油彩画を確立させた西村は、個展「水の抒情詩」を開催。これによって高い評価を獲得し、芸術選奨文部大臣賞を受賞します。 このようにして画家人生の多くを「古城シリーズ」に費やした西村でしたが、2005年、急性心筋梗塞により逝去。85歳でその生涯に幕を下ろしました。

西村龍介の代表作

  • 「水辺の城」

    西村龍介の代名詞といえる「古城シリーズ」のひとつ。 点描法を思わせる繊細かつ緻密なタッチで、欧州の古き良き古城が描かれています。 古城、森、湖畔、空など、それぞれが洗練された色彩感覚で描かれており、それによって美しく幻想的なワンシーンを演出しています。

  • 「森の館」

    細やかな筆致もさることながら、西村の高い写実力が見て取れる作品のひとつです。 全体を通して淡い色調で統一されており、まさにのどかなヨーロッパの午後の光景をイメージさせる、詩情的な作品に仕上がっています。
    そのほか、「湖畔の静日」「残月」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。