【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

福井良之助(ふくいりょうのすけ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

福井良之助
1923年 - 1986年
洋画買取

福井良之助(ふくいりょうのすけ)1923年–1986年

洋画

福井良之助は、昭和期に活躍した洋画・版画家です。
繊細かつ緻密な筆遣いを特徴としており、油彩画を中心に多種多様な名作を手がけました。セピア色を基調とした、どこか懐かしい雰囲気の哀愁漂う作品が多く見られます。 中でも高い評価を得ているのが女性画です。繊細なタッチで描いた女性をセピア調にすることで、女性特有の柔らかさ、ぬくもりを引き立たせています。 このような作品・作風はアメリカの画商たちからも高く評価され、それを機にニューヨークで個展を開催。見事に成功を収め、海外進出を果たしました。

福井良之助の詳細を見る

国内外から認められた孤高の洋画・版画家

福井良之助は1923年、東京で生まれました。
1936年、画家を志して洋画家・島野重之に師事。その後、聖学院中学校で絵を学んだのち、東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科鋳金部に進学します。 東京美術学校を卒業した福井は1946年、「みちのくの冬」で第41回太平洋画会展に入選し、さらには一等賞を受賞します。また、1954年に開催された第18回自由美術家協会展では「窓」で佳作賞を受賞するなど、数々の展示会で輝かしい功績を残しました。 以降、すべての美術団体から離れ、個人での活動に力を注ぎます。

そんな中、1959年に大きな転機が訪れます。 アメリカの画商たちが日本橋で開催していた個展を訪れ、出品されていた版画を絶賛したのです。 この出来事に手応えを感じた福井は、さっそくニューヨークで個展を開催。見事に成功を収め、華々しい海外デビューを飾りました。 その後も現代日本美術展や東京国際版画ビエンナーレ展など、数々の展覧会に出品。版画家としての地位を確立します。 また、1965年からは油彩画を中心に制作しており、こちらも数々の展覧会で高い評価を獲得。版画、油彩画の両部門で名を馳せました。 しかし1986年、くも膜下出血によって逝去。62歳で生涯に幕を下ろしました。

福井良之助の代表作

  • 「少女」

    版画の技術が認められて一躍有名になった福井ですが、中でも世間の注目を集めたのが孔版画です。 本作品もそのひとつであり、少女の横顔がピックアップして描かれています。 セピア調で描かれていることで、写実的でありながらも哀愁漂う幻想的な作品に仕上がっています。

  • 「雪」

    繊細なタッチで描く女性像に定評のある福井ですが、その一方で風景画も多く手がけました 本作品もそのひとつであり、雪に覆われた白銀の世界が見事に描写されています。 こちらもセピア色を基調としており、寒々しい光景とは裏腹に、心が落ち着くようなぬくもりを感じさせてくれる秀作です。
    そのほか、「さっこう」「虫かご」などが代表作として知られています。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。