藤本能道の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

陶磁器買取

藤本能道について

1919年に東京都大久保村(現在の新宿区)にて藤本は誕生しました。1941年には東京美術学校の工芸家を出ており、その後文部省工芸技術講習所にて陶芸を学ぶなど、藤本は早くから陶芸の道を歩んでいました。1932年には加藤土師萌を師事し、1938年からは富本憲吉の元で助手として活動し、その傍らで作陶を行いました。

1955頃には走泥社会員になり絵画で活躍をするなどをしましたが、1960年以降になると伝統的な作風に原点回帰し、色絵磁器に専念。藤本はずば抜けたデッサン力の才能があったため、日本人画家以上の描写力で絵付け作業を行いました。モチーフには写実的な花鳥を用いて作品の展開を行っていったのです。また、焼成前に色釉による絵付け作業を行うといった独自の技法を編み出し、「釉描彩加」と名付けられた技法は1986年に国指定の重要無形文化財として認定されたのです。

略歴
1919年
東京都の大久保村(現在の東京都新宿区)にて誕生
1941年
東京美術大学の図案部を卒業後、加藤土師萌に師事し、陶芸の技術を学び始める。
1944年
富本憲吉の助手を務める
1956年
日本陶磁協会賞を受賞
1986年
重要無形文化財保持者に認定
1992年
逝去

日晃堂でお買取した陶磁器を一部ご紹介いたします!

  • 出張買取

    藤本能道 色絵木蓮文徳利 木蓮文ぐい呑

    熊本県天草市 70代女性

    熊本県天草市にお住いの方より、人間国宝である藤本能道の作品、色絵木蓮文徳利と木蓮文ぐい呑の酒器セットをお買取りさせていただきました。保管時の汚れは見受けられるものの、使用されてないとの事で今まで使用された形跡もなく状態のいいお品物でした。そのためしっかりと価格を付けさせていただきました。この度は日晃堂を利用して頂き誠にありがとうございました。

→
←

お客様の声

  • 藤本能道 色絵小文陶筥
    出張買取|宮城県東松島市 50代男性

    実家が骨董店を営んでいたのですが、すこし前に父が他界してしまい、母も足を悪くしてしまったため経営できなくなりました。そのため店をたたむことになり、いくつかの業者で相見積もりをお願いししました。その中でも日晃堂の買取価格がよく、なによりとても対応がよかったためこちらに買取をお願いすることにしました。

  • 藤本能道 色絵小禽図ほゝ白扁壷
    出張買取|長野県伊那市 70代男性

    ずっと大事にしていた骨董品だったのですが、身辺整理をしようと思い売ることに決めました。日晃堂の方に出張買取に来て頂いたのですが、思い入れある品々の話を親身になって聞いていただき、本当に嬉しかったです。この査定員さんなら安心して任せられると思い、手放すことができました。

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

ご都合に合わせて選べる買取方法

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

トップへ戻る