萩焼買取なら日晃堂にお任せ下さい。 三輪休雪、坂田泥華、坂倉新兵衛、田原陶兵衛、坂高麗左衛門など高価買取いたします!

アンティーク、和食器、洋食器買い取りの日晃堂
営業時間:9:00~20:00(年中無休)

トップへ戻る

  1. 萩焼買取(日本)
萩焼の買い取りならお任せ下さい!

ありがとうございます!
萩焼の食器をお買取させて頂きました!

人間国宝 十代三輪休雪 ぐい呑み 共箱
人間国宝 十代三輪休雪 ぐい呑み 共箱
出張買取
東京都港区 40代男性

三輪休和は三輪窯の十代三輪休雪として、また、人間国宝としても広く知られる近年の名工。同じく人間国宝である十一代三輪休雪(三輪壽雪)は弟にあたり、兄弟で人間国宝に認定されという陶芸界では初めての偉業を成し遂げました。
この二人の働きにより、陶芸界では比較的歴史の浅い萩焼が、備前焼や瀬戸焼といった古窯と肩を並べるほどになったと言われています。
日晃堂は休雪の作品ならどこよりも高く買取る自信があります!

萩焼天目茶碗 即中斎箱書
萩焼天目茶碗 即中斎箱書
宅配買取
群馬県渋川市 50代女性

萩焼の天目茶碗を、群馬県のお客様よりお買取致しました。
「萩焼といえば茶陶」と言われるくらい、萩焼には茶道具をとして焼かれた器が多く存在し、茶の湯においては「一楽二萩三唐津」という言葉があるほどです。
コチラの天目茶碗、表千家十三世家元の即中斎による箱書きがある由緒正しいお品物。もちろん高価買取させていただきました。

十三代坂田泥華 飾り皿 香月泰男 画
十三代坂田泥華 飾り皿 香月泰男 画
出張買取
山口県下関市 40代女性

深川萩四家の一つである、十三代坂田泥華の飾り皿をお買取しました。
深川萩とは坂田泥華窯の他に、坂倉新兵衛窯、田原陶兵衛窯、新庄助右衛門窯があり、坂田家は萩焼の始祖「李勺光」の流れを組む名窯。十三代坂田泥華は戦後の萩焼を語るには欠かせない中心的人物の一人に当たります。
坂田泥華や坂倉新兵衛、田原陶兵衛、坂高麗左衛門といった有名作家の作品は需要も高く、特に高価買取をさせていただいております!

最新の買取実績はこちら!

坂高麗左衛門の古萩茶碗をお買取しました

w105022411.1

日晃堂です!今回、大量の和食器の査定で古美術価値のあるお品をお買取したのでご紹介いたします! 古萩茶碗のお買取です! 「萩焼」と呼ばれるようになったのは実は明治時代以降で江...

続きを見る

萩焼買取なら日晃堂にお任せ下さい

v358432814.1

日晃堂です。 本日は大量の和食器を出張にて査定してきました! お母様がお茶(茶道)をされていたということで萩焼の茶碗をお買取しました。 日晃堂では只今、茶道具の強化買取中です...

続きを見る

三輪休雪 萩焼をお買取しました

萩焼 三輪休雪 湯飲み

江戸より続く由緒ある三輪窯、重要無形文化財「萩焼」保持者 人間国宝の三輪休雪作の萩焼 湯のみです。 共箱入で休雪の銘があります。 江戸時代から続く萩焼 三輪...

続きを見る

萩焼の陶磁器・食器買取なら日晃堂にお任せ下さい。どこよりも高く買い取ります!

  • 萩焼

    守繁栄徹 茶碗 共箱

    岡山県津山市のお客様より

    守繁栄徹
    茶碗 共箱

  • 萩焼

    十一代坂高麗左衛門 萩焼 茶碗

    山口県長門市のお客様より

    十一代 坂高麗左衛門
    萩焼 茶碗

  • 萩焼

    十一代三輪休雪 ぐい呑み

    福岡県大牟田市のお客様より

    十一代 三輪休雪
    ぐい呑み

  • 萩焼

    十五代坂倉新兵衛 手付鉢 共箱

    滋賀県甲賀市のお客様より

    十五代 坂倉新兵衛
    手付鉢 共箱

  • 萩焼

    十三代坂田泥華 萩焼 茶碗

    東京都大田区のお客様より

    十三代 坂田泥華
    萩焼 茶碗

  • 萩焼

    十代坂高麗左衛門 萩焼 茶碗

    石川県珠洲市のお客様より

    十代 坂高麗左衛門
    萩焼 茶碗

  • 萩焼

    十代三輪休雪 ぐい吞

    東京都中野区のお客様より

    十代 三輪休雪
    萩焼 ぐい吞

  • 萩焼

    十二代坂倉新兵衛 俵形茶碗 即中斎箱書

    大分県中津市のお客様より

    十二代 坂倉新兵衛
    俵形茶碗 即中斎箱書

  • 萩焼

    深川萩 十二代田原陶兵衛 茶碗 共箱

    岐阜県可児市のお客様より

    深川萩 十二代 田原陶兵衛
    茶碗 共箱

  • 萩焼

    人間国宝 三輪休和 萩焼 茶入

    大阪府堺市のお客様より

    人間国宝 三輪休和
    萩焼 茶入

  • 萩焼

    萩焼 指月窯 波多野善蔵 茶碗 共箱

    千葉県流山市のお客様より

    萩焼 指月窯 波多野善蔵
    茶碗 共箱

  • 萩焼

    林紅陽 茶碗 共箱

    広島県庄原市のお客様より

    林紅陽 茶碗 共箱

0120961491

受付時間:9:00~20:00(年中無休)

20時以降も自動音声ガイダンスで受付いたします!

日晃堂の出張買取はこんなに便利!

出張買取

お客様に大人気の出張買取

食器は陶器やガラスなどワレモノが多く、また量が多くなると梱包や発送も大変です。 そんな時は日晃堂の無料出張査定をご利用ください。

梱包から運び出しまで日晃堂の食器買取専門スタッフがすべて無料行います。 ご希望の日時に無料出張査定、そしてその場で現金買取り! 値段が合わない場合もキャンセルして頂いて構いません。 その際、査定料などは一切ございませんのでご安心ください。

> 日晃堂の出張買取をもっと詳しく見たい方はこちら

いつでも査定額アップのお得なまとめ売り!

食器1点よりもまとめ売りがお得です!
今なら査定額アップキャンペーン中!
査定だけでもよろこんで!使用済み食器、中古食器はもちろんヒビ割れ、食器の欠け、プリントの擦れ、セット品の不揃いも査定対象です。
食器処分、食器売却をお考えでしたら、まずはお気軽にお電話ください。

特徴

骨董品買取専門の日晃堂だからこそ
アンティークの萩焼の鑑定・査定もお任せ下さい!

「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、古くから茶人の好む器を作り続けてきた萩焼。その歴史は古く1604年(慶長9年)、萩藩の初代藩主である毛利輝元の名により、朝鮮人の陶工である【李勺光】と【李敬】の兄弟が開窯した事が始まりだと言われています。近年では十二代坂倉新兵衛や十代三輪休雪が無形文化財に、十代・十一代三輪休雪が人間国宝(重要無形文化財)に認定されるなど、萩焼のその茶陶の里としての地位は確固たるものとなっております。古萩茶碗の買取も日晃堂にお任せ下さい!

ヒビ割れや欠けがある食器などお持ちではありませんか?

どのような状態でも日晃堂にお任せください!

食器はお店によって買取金額にかなりの差があるため、お店選びは重要です!

  • ひび割れ

    ひび割れ

  • 欠け

    欠け

  • 擦れ

    擦れ

  • 不揃い

    不揃い

  • 箱・付属無し

    箱・付属無し

0120961491

受付時間:9:00~20:00(年中無休)

20時以降も自動音声ガイダンスで受付いたします!

無料査定・お問合せフォーム

Contact
お問い合せ内容
お名前  名
ふりがな せい  めい
年代
メールアドレス
※フリーメールをお使いの方は返信メールが迷惑メールフォルダに入っている場合がございますのでお手数ですがご確認をお願い致します。
お電話番号
(携帯可)
【例】09012345678
※ハイフンなしで入力して下さい。
郵便番号 ⇒ 郵便番号を調べる(日本郵便へ)
都道府県
市区町村番地など
マンション名など
※出張査定をご希望の方は、お部屋番号まで正しく入力して下さい。
お品物の画像





※JPG、GIF、PNG形式のファイルを添付できます。(1枚あたり3MBまで)
今すぐ無料査定
今すぐ無料査定

その他洋食器の買取リスト▼

アイリッシュドレスデン

アビランド

クリスタルダルク

スージークーパー

スポード

スワロフスキー

セーブル

ナハトマン

ビングオーグレンダール

フッチェンロイター

ボヘミア

リモージュ

ルクルーゼ

レイノー

ロイカーカム

ロイヤルウースター

ロールストランド

ロブマイヤー

その他洋食器の買取リスト▼

アイリッシュドレスデン

アビランド

クリスタルダルク

スージークーパー

スポード

スワロフスキー

セーブル

ナハトマン

ビングオーグレンダール

フッチェンロイター

ボヘミア

リモージュ

ルクルーゼ

レイノー

ロイカーカム

ロイヤルウースター

ロールストランド

ロブマイヤー

食器の種類

イヤープレート

グラス

タンブラーグラス

ワイングラス

シャンパングラス

ロックグラス

ピッチャー

カトラリー

ナイフ

フォーク

スプーン

茶碗

汁椀

吸物椀

小皿

猪口

向付

重箱

酒器

徳利

杯・盃

ぐい呑・猪口

湯呑

花瓶(フラワーベース)

カップ&ソーサー

コーヒーカップ

ティーカップ

マグカップ

スープカップ

プレート

スクエアプレート

ディッシュ

ボウル

オーバル

コーヒーポット

ティーポット

シュガー

クリーマー

フィギュリン

陶磁器人形

陶板画

スタッフブログ