アンティーク、和食器、洋食器買い取りの日晃堂

【島岡達三】湯呑をお買取しました

   

民芸陶器(縄文象嵌)の重要無形文化財保持者(人間国宝)の作家
島岡達三の湯呑をお買取しました。
ブルーがかった益子焼の縄文象嵌夫婦湯呑です。

島岡達三湯呑

益子焼縄文象嵌

夫婦湯呑

島岡達三(しまおか たつぞう)

益子焼の父とも呼ばれる濱田庄司のもとで作陶を学び縄文象嵌を完成させ
1996年に国の重要無形文化財、民芸陶器(縄文象嵌)保持者(人間国宝)に認定されます。

縄文象嵌(じょうもんぞうがん)とは縄で縄目の模様をつけ、そこに違う色土を差し込む技法です。
民芸陶器ではいろんな作家さんがいらっしゃいますが島岡達三の作品が一番好きですね。
お品は象嵌夫婦湯呑で、未使用品です。共箱、栞付。
経年経過での汚れは多少ありますが状態は良好ですね。
ご売却ありがとうございました。

日晃堂では和食器、湯呑買取を強化中です。特に有名作家ものの湯呑ならしっかりお値段おつけいたします。
もちろん益子焼の作品も高価買取中です!

益子焼買取実績はこちらです

 - 和食器買取, 益子焼