食器買取日晃堂

有田焼の大皿をお買取しました

      2015/10/05

有田焼 染付大皿本日は、有田焼の染付大皿をお買取しました。

有田焼は、日本で初めて作られた白磁食器。
有田の泉山から良質な白磁が採れることから、有田は一躍白磁食器の名産地となりました。
それまで日本で磁器食器の製造は行われておらず、専ら中国からの輸入となっていました。

染付は白磁に呉須を用いて下絵が描かれ、それから透明色の漆をかけて焼かれる方法となります。
高い火度で焼成される染付は美しい藍色を有し、食卓に彩を添えてくれますね。

今回お買取しましたこちらの有田焼は、観賞用としてお使いになられていたお品物となります。
高台部分に微細な欠けが見受けられましたが、状態は極めて良好。
共箱などは紛失されたとのことですが、日晃堂では有田焼をはじめ和食器の買取に力を入れており、もちろん高価買取にてお譲り頂きました。
こちらのお客様宅は他にも沢山の和食器を所持されており、一旦整理後に買取ってもらいたいとのことで、次回のご予約をその場で頂けました。
ご売却、ありがとうございました。

日晃堂では和食器の専門鑑定士が在籍しており、お手持ちの有田焼の価値を最大限に評価し、高価買取に繋げております。
無銘の作品でも買取対象となっていますので、お手持ちの食器の価値がわからない場合でも喜んで鑑定させて頂きます。
有田焼の買取をお考えの際は、是非とも日晃堂へ御用命ください。

有田焼買取実績はこちらです

 - 有田焼

  関連記事

源右衛門窯のコーヒーカップを買取ました

本日は和食器、有田の三右衛門の1つ源右衛門窯のコーヒーカップをお買取しました。 …

続きを読む

香蘭社のカップ&ソーサーをお買取しました

食器買取の日晃堂です。 先日、香蘭社 瑠璃地蘭文 カップ&ソーサーをお買 …

続きを読む

【酒井田柿右衛門】花瓶を買取ました

今日は有田で江戸時代から続く色絵磁器の名門中の名門「柿右衛門窯」 十三代酒井田柿 …

続きを読む

記事カテゴリー

記事カテゴリー