【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

林武の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により林武の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

林武作品買取

林武の生涯

林武(はやしたけし)は大正時代に活躍した洋画家の1人であり、国語問題協議会の会長を務めた人物でもあります。


1896年12月、東京市麹町区に生まれた林は、牛込区余丁町小学校に在籍中、担任・本間寛から絵の才能を見出されます。 また、東京歯科医学校中退後に実家の牛乳販売店の手伝いをしつつ、ペンキ絵を描いてなんとか生計を立てていたこともあって、この頃から画家を志望。1920年には東京美術学校に入学します。


自分が思うような勉強ができなかったことから1921年に中退するものの、作品は第8回二科展に入選し、樗牛賞を受賞。若くしてその才能を発揮しました。 またこの年、渡辺幹子と結婚。のちに彼女をモデルとした婦人像を描いています。 1923年に関東大震災の影響で神戸に移りますが、そこでも変わらず画家活動に専念。「円鳥会」の設立に携わったり、「一九三○年協会」や「二科会」の会員になったりと、積極的な動きを見せます。 そして1930年には二科会を脱退したのちに「独立美術協会」の創立に参加し、以後、ここで作品を発表していきます。


そんな中、1934年のフランス留学をきっかけに、フォーヴィスムやキュービスムといったヨーロッパの思想に感化されます。 また第二次世界大戦後も、ベルナール・ビュッフェをはじめとする海外の画家から刺激を受けています。 これによって林は、決まった型にとらわれない自由な女性像を描くようになりました。 『梳る女』(1949年)や『星女嬢』(1950年)は、その最たる例といえるでしょう。


このような女性像によって画家としての名声を上げた林は、数々の賞を受賞する一方で1952年、東京芸術大学美術学部の教授に就任。画家を志す若者を導きます。 また、父・甕臣が国語学者であったこともあり、1971年には「国語問題協議会」の会長に就任。日本の国語問題にも真摯に取り組むようになります。 こうした幅広い活躍を見せる林でしたが1975年、肝臓がんによりこの世を去ることになりました。


林武の代表作と作風

林はその生涯において数々の作品を発表していますが、その分野は人物画や風景画など多岐にわたります。しかし1934年のフランス留学を境に、彼の作風は大きく変化しています。 留学前は淡い色調が特徴でしたが、帰国後は原色をそのまま用いた鮮烈な色彩で描くようになりました。これはフランスで学んだフォーヴィスム(野獣派)の思想に基づいています。

また、絵具の盛り方にも独特の手法が見られるのがポイント。一般的には乾いた絵具の上から塗り重ねていきますが、林は塗った絵具をそのままこそぎ落とし、そして再び塗り上げています。 上記の代表作『梳る女』にも、このような特徴が見られます。 赤と青の原色で彩られた作品は見る者に強烈な印象を与えますが、その一方で林独自の手法で盛られた絵具によって艶やかな透明感も演出されています。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

※初めての方限定買取価格10%UPキャンペーンを見ましたと
お問い合わせ時にお伝えください。