佐分真の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により佐分真の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

佐分真作品買取

佐分真の生涯

佐分真(さぶりまこと)は、大正から昭和にかけて活動した、日本の洋画家。 バロック期を代表する画家レンブラント・ハルメンソーン・ファン・レインに大きく影響を受け、重厚な写実主義に傾倒した画風を築いた人物です。 実家の資産によって終生裕福に生き、早くから画家として頭角を現したものの、39歳の若さで突如として自殺を遂げるという劇的な生涯を送りました。


佐分真は1898年、愛知県名古屋市に生まれ。父は第六代一宮町長を務めた人物で、名家の出身でした。幼いころから画家を志していた佐分は、17歳で上京して旧制郁文館中学校に転校し、夜は川端画学校夜間部で絵の腕を磨きはじめます。 翌年には東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科で学び、24歳で卒業するとともに土屋しげ子と結婚。2年後の1924年には帝展に出品した『静物』で初入選し、画壇デビューを果たします。


さらに翌年には白日会や光風会の会員に推挙されるなど、輝かしい経歴を着実に積み重ねていきましたが、1926年に妻が死去。妻の早すぎる死を迎えた影響からか、この頃からさらに創作活動に意欲を見せ、1927年から1930年にかけて絵を描きながらヨーロッパ各地を放浪する旅に出ます。 ヨーロッパ放浪は自身の絵の方向性を再度見直すために行ったもので、その結果、堅実なリアリズムあふれる画風を築き上げることに成功。旅の中で生まれた作品『貧しきキャフェーの一隅』は帝展で特選を受賞し、画家としての名声を一躍高めることになりました。


しかし、帰国後の佐分は徐々に周囲との距離を置きはじめます。 帰国直後は、帝展出品や東京宝塚劇場の開館に伴って美術部長として活動し、個展なども開きますが、参加していた白日会や光風会などの美術団体を相次いで脱退。脱退した翌年に自宅のアトリエにて縊死を遂げました。遺書が3通も残されていたにも関わらず、自殺の理由はわかっていません。 その死後、新進気鋭の洋画家を奨励するための佐分賞が設けられました。


佐分真の代表作と作風

代表作は『貧しきキャフェーの一隅』。妻が亡くなった翌年、初めてヨーロッパの地を訪れ、西洋画をあらためて研究した佐分がたどり着いた“均衡と調和”のある画風で描かれた一作です。 佐分がもっとも影響されたレンブラントの得意とする“明暗の対比”が画面内に生かされ、老人たちの何気ない一コマが深く重く表現されています。 佐分はとことん古典主義に寄った重厚でリアリティーある作風を追求していますが、その作品には観る者の感情を揺さぶるエモーションも感じられます。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る