瑛九の作品買取なら日晃堂におまかせください。
確かな鑑定力により瑛九の作品であれば買取に自信がございます!

TOP

瑛九作品買取

瑛九の生涯

瑛九(えいきゅう)は昭和期に活動した日本の洋画家であり、版画家であり、写真家でもあります。 シュールレアリズム的な前衛美術を得意としており、版画や写真においても常に挑戦的な作品を心がけ、自由な芸術を追求し続けました。


瑛九は1911年、宮崎県宮崎市の眼科医院を営む家庭に生まれました。 極度の近視のために家業を継ぐことはできなかったため、幼少の頃より学んでいた絵画の道を選んで日本美術学校(現・東京藝術大学)に入学します。 しかし絵画教育に疑問を持ち、1年も経たずに退学。その後は熱心に独学で芸術活動を行うものの、すべての公募展に落選。このとき、「入選することや常に人の審査を頼る日本美術界の現状」にも疑問を抱いたとのちに語っています。この経験こそが、瑛九の前衛的な表現に繋がっているといわれています。


その後は美術批評、写真批評などを書きつつ写真の技法を学び、雑誌「フォトタイムス」に作品を発表。さらに、写真を絵画に取り入れたフォトグラム(印画紙に物を置き、感光させて像を焼きつける手法)によるシュールリアリスティックな作品を生み出し、フォトデッサン集『眠りの自由』にまとめます。 1936年に発表されたこの作品集は大いに注目され、瑛九は美術家への道を歩み始めます。


第二次世界大戦中は疎開した先で小説を執筆して過ごして一度美術から離れますが、戦後になると絵画やリトグラフ、銅版画の製作に専念。さらには既存の美術団体を批判する新たな団体「デモクラート美術協会」を結成。当時の階級的な既存の美術団体を批判し、誰もが参加できる業界を作ろうという瑛九の意志のあらわれでした。 協会には、のちに日本を代表する美術家たちが多く集まります。 しかし、デモクラート美術協会を解散させたのも瑛九自身でした。協会の画家たちが公募展以外で文部大臣賞などの多大な功績を残したことで、協会もまたひとつの権威になろうとしていたことがその理由でした。 瑛九は純粋過ぎるほどに、徹底的に自由な美術を追求し続けたのです。


瑛九の代表作と作風

代表作は『つばさ』。「自己を決定する仕事に取り掛かる」と言って描きはじめた、瑛九最後の作品です。 これを描いている最中、体は腎臓の衰弱でかなり弱っている状態でした。 まさに命懸けで描き上げた、渾身の集大成といえるでしょう。

『つばさ』は、世界の向こう側にじわじわと何ものかが広がりつつある、そのような情景を“点描”で描いた作品です。躍動感とともにどこか静謐な、見る者を惹きこむような独特の迫力を備えています。

瑛九は、常識的な絵画にとらわれることなく、銅版画や写真などの技術を取り入れ、挑戦的な作品を数多く残しました。純粋に美術を愛し、人生のすべてを賭けたといってもいい瑛九の作品からは、精神に訴えかける力強さを感じることができます。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る