【詐欺サイトに関する注意喚起】弊社を偽ったオークションサイトの存在を確認しております。詳しくはこちらをご確認ください。

お気軽にご相談・ご質問、お問合わせください

0120-961-491

受付時間 9:00~19:00 (年中無休 年末年始除く)

先日お買取した、人間国宝「10代三輪休雪」の茶碗をご紹介いたします。作家作品の高価買取なら【日晃堂】にお任せください!

TOP

本日は陶の巨匠、三輪休雪が手掛けた茶碗をお買取しました。

miwa-300x224

三輪休雪は萩焼の名跡で、江戸時代から続く伝統の名窯です。

今回ご売却いただいたお品物は、10代目の三輪休雪が手掛けた中鉢。豪快でありながら上品な妙味、極めある美しさがある見事な逸品です。手に馴染みやすく、形式ばることなく使える中鉢ではないでしょうか。あたたかみのある土味が風情を感じるお品物です。

10代三輪休雪が襲名したのは1927年のこと。雪堂が隠居するにあたり窯を継ぎました。萩焼の大元である高麗茶碗の作風を独自に取り入れた作品や「休雪白」と呼ばれる技法で、一躍名を馳せます。1956年には人間国宝に認定され、その才能は今なお世界中で評価されています。

こちらのお品物は 釉薬で銘が少し隠れてしまっているお品物でしたが、紛れもなく三輪休雪が手掛けたもの。同じものがふたつとないのが、作家物の魅力のひとつでもあります。共箱・仕覆ともにご売却いただいた為、更に高額査定にてお買取させていただきました。こうした付属品が揃っていると、買取価格は更に上昇します。ご売却、ありがとうございました。

日晃堂では作家物の鑑定に目利きのある鑑定士を揃えており、大切になさってきたお品物をどこよりも高価買取致します。買取のご依頼はもちろん、価値がわからないので鑑定だけしてもらいたいといった要望でも結構です。
査定料や出張料・キャンセル料といった諸費用は一切いただいておりませんので、どうぞお気軽にお申し付け下さい。

三輪休雪をはじめ、作家作品の高価買取なら、日晃堂へ御用命くださいませ。

茶道具買取実績はこちらです

茶道具買取なら、
その価値を丁寧に査定

茶道具買取は【日晃堂】にお任せ下さい。昔から家にあるものが、高額な骨董品だった…なんて良くお聞きします。茶道具であれば茶碗、鉄瓶、香炉、棗、また煎茶道具など状態を問わず、どこよりも茶道具を高価買取いたします!いつでも無料鑑定をご利用ください。

買取実績投稿日:

十二代 三輪休雪
天風碗
買取
参考価格
200,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

吉川雪堂作/吉川壺堂彫
常滑焼朱泥一双茶注「鏡獅子」
買取
参考価格
110,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

水月焼
蟹茶碗
買取
参考価格
25,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

杉田祥平
色絵仁清五節句画茶碗
買取
参考価格
10,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

十代 大樋長左衛門
飴茶碗
買取
参考価格
90,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

大西清右衛門
沈金彫 立鶴蓋置
買取
参考価格
13,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

宮之原謙
彩盛風車香爐
買取
参考価格
117,000
この買取実績の詳細

買取実績投稿日:

中村道年
黒茶碗
買取
参考価格
20,000
この買取実績の詳細

※買取価格は季節や年数により相場が変動します。掲載されている買取価格は参考価格で買取価格を保証するものではありません

※商品の画像は、過去に買取をした類似商品の画像を掲載している場合がございます。

出張買取保証・30%UP

※30%UP対象商品:骨董品、美術品、食器
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※キャンペーンの併用は不可です。

買取についてのご相談・ご依頼はコチラ

日晃堂のオペレーターが、お客様のご相談など
丁寧に対応させていただきます。
些細なことでもお気軽にお電話ください。

骨董品・古美術品の相談をする

0120-961-491

受付時間 9:00~19:00 (年中無休※年末年始除く)

 関連記事

「表千家」と「裏千家」の違いとは?
【表千家】と【裏千家】の違いとは?

茶道の流派として最も有名といっても過言ではない、「表千家」と「裏千家」。 共に千利休を祖とする流派ですが、「表千家と裏千 […]

荒川豊蔵の志野茶碗をお買取しました

人間国宝(志野・瀬戸黒)の荒川豊蔵の志野茶碗のお買取です!! 茶道具や骨董品の整理をしたいということで出張査定にてお譲り […]

龍文堂の鉄瓶をお買取
龍文堂の鉄瓶をお買取しました

皆様、おはようございます。 本日は東京のお客様のご自宅へ出張査定に伺いました。今回お買取させて頂いたお品物、「龍文堂の鉄 […]

記事カテゴリー